メインイメージ画像

お見舞いの気持ちを伝える手段として電報が見直されています

誰もが同じだと思いますが、自分と近しい関係の人が病気で入院をした時、何とかして元気付けてあげたいと考えることが普通です。しかし、お見舞いはさりげなくしなければいけないもので、その加減が結構難しいです。相手がこちらの気持ちを素直に受け取ってくれると良いのですが、そうならないことも想定するとつい変にいろいろ考え過ぎてしまいます。そんな時、さりげないお見舞いの形として直接会わずに電報を送る、という方法もあります。

電報ならば、受け取った相手は素直に元気付けられるでしょうから、その点に関してお見舞いに適しています。病気で入院した時はただでさえ心がふさぎ込んでしまいがちになって、あまり人とは会いたくなかったりするものです。元気で健康な人が会いにやってくるとそれをどこかで羨ましいと感じてしまいますので、嬉しさと羨望が混ざった感情をどうしても抱いてしまいます。しかし、ポンと送られる電報ならばそういう気持ちを抱かないで済みます。

相手側の善意をそのまま受け取ることができますので、感情をこじらせてしまうことがないのです。それはつまり送る側の配慮がしっかりなされているということで、その心遣いを感じさせるのが電報の良い部分です。対面ではなく、あえて短い文章で気持ちを伝えるからこそ良いと言えることもありますし、それが少しでも病気を治すための力になれば送った側も嬉しいです。電報を送る機会は稀かもしれませんが、意外にサービスは細部まで充実しており利用しやすいです。

賢く電報をお見舞い状のように送ることもできるため、他人に悪い印象を与えることもなくて、何より自分の思いやりの表現方法としても効果的です。病気のせいで入院すれば気持ちが落ち込んでしまいますから、元気になるように励ますのは本当に良いことです。お見舞いをどうしたら良いのか悩んでいるのなら、思い切って電報を送ってみるというのもその手段として考えるべきです。